装置をつけよう

レントゲン

矯正器具が目立つ問題は解決済

矯正装置を装着しなければならないというのが、矯正歯科の治療を受ける際の大きな問題だと言えるでしょう。矯正装置は目立ちますから装着すれば、精神的にかなり負担となります。その負担を強いられるのが嫌で、矯正歯科の治療を受けたくても受けられずにいる人もいることでしょう。 しかし現在では、目立たない矯正器具を用いて矯正歯科の治療を行っている歯医者もあります。なぜ、目立たないのかというと、色が歯と同じ、あるいは透明だからです。また、目立たないのではなく、装着するのは歯の裏側なので、まったく見えない矯正器具もあります。 このように、現在の矯正歯科の治療では、患者にかかる負担を軽くする取り組みがなされていますので、以前よりも間違いなく治療が受けやすい環境になっているのです。

高額な治療費の問題の対処策

但し、もう1つ大きな問題が矯正歯科の治療にはあり、その問題は残念ながら未解決のままです。もう1つの大きな問題とは、高額な治療費です。治療費の相場は大人ですと100万円近く、子供でも50万円程度となっています。 治療費が高額な理由は、ごく一部のケースしか保険適用が認められていませんので、一般的に治療費すべてが自己負担となっているからです。ですから、矯正歯科の治療は、多額の資金が用意できなければ受けられない治療ということなのです。 この問題の根本的な解決策は残念ながらないのですが、対処策ならあります。まずは、分割払いにすることです。ただ、分割払いができない場合もありますので、事前に歯医者に確認する必要があります。 また、間接的な手段となりますが、医療費控除を受けるというのも有効です。1年間で医療費の支払いが10万円以上ある場合、確定申告をすれば納めた税金の一部が還付されるというのが医療費控除です。ただ、すべての治療に該当するわけではありませんので、医療費控除に関しても事前に歯医者に確認した方が良いでしょう。

ページのトップへ戻る